トップページ > 教育・進学 > 教育課程

教育課程

六年一貫教育と高入生 それぞれの道

6年間、あるいは3年間、それぞれの場所で、未来を見つめて過ごす学校生活。
一人ひとり個性は違っても目指すものはひとつ、望む将来を手に入れることです。

六年一貫生、高入生が、切磋琢磨して高め合う

6年間のクラス編成6年間のクラス編成

前期課程(中1・中2)

将来へ向けて基礎固めを行う

中1・中2は、学習の質・量ともに、しっかりと基礎を固めるための先取り学習がスタート。10分間の朝読書や英検・漢検への挑戦、作文の時間や計算力診断テストなど、授業+αの学習も基礎力の育成をサポートします。

中期課程(中3・高1)

将来へ一歩踏み出す2年間

6年間の中核をなす中3・高1は、個々の特性を発見し、少しずつ具体的な将来を見いだす時期です。中3では習熟度別の授業や適性検査などの進路指導を行い、具体的な職業意識を高めていきます。
中高一貫生の高校進学は、中3の1学期までの成績によって判断されます。また、高1からは高入生(別クラス)を迎え、英数2教科を中心に、先取り部分の補習を実施します。高1の春には一貫生・高入生ともに伝統の宿泊行事『研修会』を行い、久我山生としての意識を新たにします。

後期課程(高2・高3)

将来を具現化する最終段階

志望校に的を絞っていく高2・3は、希望進路によって「文系コース」と「理系コース」に分かれて、きめ細かい指導が行われます。
高2からは正規の授業に加えて、「選択演習」の講座を数多く設け、センター試験に万全の態勢で臨んでいます。さらにこの時期には、日常的な添削指導や早朝・放課後講習、夏期・冬期・入試直前講習など、実践的な学習を行い、希望の進路実現をサポートします。

高校からの入学生

高校からは一般入試、推薦入試、帰国生入試があります。男子は文科系・理科系の選択制(出願時に選択)、女子は理科系のみの募集です。高校からの入学生は一貫生とは別クラスで、単独クラスのまま3年間をかけて大学進学のための力を培います。
ページトップへ戻る