トップページ > 教育・進学 > STクラス

STクラス

STクラス

より深い内容の授業 平成20年4月、特進クラスとしての《STクラス》が中学でスタートしました。
大学全入時代といわれていますが、国公立大学をはじめとする最難関大学入試は、より厳しさを増しています。そんな中、最難関大学へ現役で合格するためには、早い段階からの準備が必要になります。本校でもそのような状況を鑑み、また最難関大学への合格を志向している生徒たちの希望を実現するために、より高く、より深い内容の授業を展開します。

めざすのは、東京大学や一橋大学をはじめとする
最難関大学への現役合格です。

STクラスの指導方針

現役合格するための授業久我山では、目標を見つけようとして入学してくる生徒たちがほとんどです。しかし、すでに目標を決めて入学してくる生徒もいます。毎年、男女計20人ほどの新入生が東大現役合格という非常に高い目標を持っているのです。STクラスは、こうした生徒たちの希望をかなえようというクラス。教員たちが心をひとつにして、6年間最後までそうした高い目標に向かって歩き続けられるようにサポートします。他のクラスの生徒でも、高い目標と実力を有していた場合、STクラス編入へのチャンスがあります。
STクラスでは、日本の大学の頂点といわれる最難関大学に現役合格するための授業を展開していきます。勉強に多少遅れてしまう生徒も中にはいるかもしれませんが、授業のレベルを落とすことはありません。こうした生徒には、放課後や早朝に補習を行ったり、週末に課題を出したりしてフォローします。
元気がないと勉強はできません。体力も精神力もしっかりと蓄積してきた生徒こそ、息切れせずに目標達成まで頑張れるのです。生徒たちが行事などにも目を向けることができる、そして勉強する時は頭を切り替えて集中できるクラスをめざします。

STクラスの学習内容

思考型学習 STクラスの学習内容の特徴は、『進度』と『深度』です。

『進度』に関して

他のクラスよりも教科によっては単元の進み具合が早くなります。この傾向が強くなるのは、英語や数学といったドリル型学習をより多く積まなければならない教科です。

『深度』に関して

思考型学習も充実させるために、思考力を支える素養面の充実をはかり、より高度な思考に耐える応用力を身につけさせたいと考えています。この傾向にあるのが、国語や数学、社会、理科といった科目です。

STクラスの「ST」とは・・・?

Summit(サミット):頂上をめざして

東大・一橋大をはじめとする最難関国公立大学を目指します!
いま、大学入試は「選ばれる」時代から「選ぶ」時代へ。同じ「選ぶ」ならば、最高峰を目指したい。そして、その遠大な目標に向けて挑み続けます。

Straight(ストレート):真っ直ぐに

「目標」の達成に向けて現役合格できるように努力を重ねます!
クラブ活動も大切に、行事も精一杯取り組みたい。あくまで学校生活の機軸は「学習」にあることを念頭に「真っ直ぐに」学ぶことは「広く、深く」学ぶことでもあります。

Spirit(スピリット):気概をもって

どんな困難にも決してあきらめることなく邁進します!
その昔、「順境は悪徳をあらわし逆境は美徳をあらわす」と言った人がいた。辛く苦しい時にがんばる人の姿ほど美しいものはない。そんな人をめざして、挑み続ける「わたし」でありたいと思います。
ページトップへ戻る